2008年05月29日

ストップハンティング

ストップハンティング

 FXの経験が深い人は当然知っているでしょうが、経験が浅い片はご存じないかもしれませんね。

 ストップハンティングを英和辞典などで引いてみると「stop hunting 休猟する」と書かれていたりしますが、ストップハンティングとは、損切りの逆指値注文(英語で Stop order と言います)をハンティングする取引行為を指します。
 具体的に言うと、例えば、売りのストップ注文が沢山ありそうなところを目指して売り注文を出して値を下げていき、売りのストップ注文が一斉に執行されて大きく値が下がった時に逆に買い戻して利益を得る方法です。

 通貨取引では、証券市場のような取引規制がないので、このようなことも有りで、30分足とか1時間足チャートで、ストップハンティングらしい細長いヒゲがよく見られます。


 「ここは典型的な損切りポイント」などとストップ注文を置いておくと、しっかりとストップハンティングに喰われて、価格は出していたストップ注文にタッチアンドゴーをして逃げていっていることが多いのです。

 ストップハンティングを避けるためには、もう一段離れたところにストップ注文を置く必要があるので反対方向に動いた時の損失が大きくなってしまいます。でも、利幅は短期で狙える範囲に限られるので余程うまくやらないと、利益を出し続けるのは難しいのかなと思います。

 中期で狙うと、利幅は中期の値幅を狙います(狙えない時は仕掛けない)から、ストップハンティングを避ける程度の損失幅拡大の影響は少なくなりますから。
posted by にゃにゃ at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

FX、最近の戦略

FX、最近の戦略

 私はどちらかというと、FXは苦手です。苦手なのでしっかりした戦略が必要ですね。

 最近は、超短期トレード(俗にいうデイトレですね。ポジションを数時間しか持たないもの)は止めて、中期(数日から数週間)の時間枠でトレーディングをすることにしました。

 使うのは日足チャートなので、まあ1日の価格変動はノイズとして許容しなければならないでしょう。ドル円では、1日の間に1円くらい変化がありますので、1万ドル単位の取引なら1万円単位の値洗損は耐えなければならないですね。それくらいの資金的余裕が必要です、もちろん精神力の余裕も必要です。

 しばらく、商品先物取引を休むのでその証拠金を移せば、そこそこの資金になりますから資金的には大丈夫。
 それから、1万ドル単位を考えると、この前のサブプライムの時ですら、125円弱から95円強まで最悪で30万円の沈みで済みますから、灯油売りなどで耐えることを思えばかなり楽、なので精神力も大丈夫そうですね。

 今、ドル円レートは103円くらいですから、今から30円下げるかというと、とてもそうは思えませんから、買い中心で仕掛けられる気楽さがあります。
posted by にゃにゃ at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

最近のサヤは読めず、しばし休場だな

最近のサヤは読めず、しばし休場だな

 あいかわらず、NGMO大豆のサヤは2限とばしで1万円超ととんでもない価格だし、エネルギーも国際航空燃料高の影響などで灯油が異様に高い。

 このような状態が異常なのか、これからこの状態が普通になるのか、今しばらく観察してみないと判断できません。

 ということで、しばらく先物取引は休場です。休むも相場であるので・・・。

 とはいえ、その間はFXでちまちまトレーディングはしておりますが・・・。
posted by にゃにゃ at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕掛け・ポジション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。